「臭いケア」カテゴリーアーカイブ

加齢臭ケアというのは意外とできる

臭さはどうしても自分では判断できないこともあります。そうしたことがありますから、やりすぎだと思うくらいに行ってしまうということが一番よかったりします。割と悩んでいる人が多いのが加齢臭です。

プルーストクリーム

どんな臭いであるのか、ということよりも年を取ってしまうことによってそれなりに発生しやすくなってしまうに良いということになるわけで、これはどうにかして改善することはできないのか、ということになるでしょう。

加齢臭のケアですが実際問題としてなかなか難しいです。原因の匂いとしてあるのかノネナールというニオイ物質であり、臭くて青臭いような臭いが出てくることになります。これは主に上半身から出てくることになりますから、加齢臭対策の製品などで体を洗ったりするというようなことをやると良いでしょう。

身体そのものも酸化を抑えることも重要になりますから、そちらも意識しておいたほうがよいでしょう。これだけでもだいぶ変わってくることになるでしょう。意外とそうした対策、ケアの消臭グッズなどが売られているのでそれを活用することがおすすめできると言えるわけです。決して高いわけではありませんから、そうしたものから試すことがベストになります。

長年の悩み「ワキ汗」から卒業を決断

暑い季節になると、どうしても汗をかいて嫌な臭いがしてしまいがちなもの。衣服に染み付いた汗の臭いは、ムンムン蒸れている時も不愉快極まりないですし、乾いた後もまた最悪の臭気を発することになります。

とはいえ、夏場に汗をかくなといってもそれは不可能というものです。重要なのは、汗をかかないことではなく、汗をかいても問題のない服装を心がけることです。特に重要なのは、質の良い肌着を選ぶことです。

プルーストクリーム

結局、汗の臭いが服を通して周りに放たれてしまうというのは、着ている服が汗を吸い取るのが下手だということに理由があります。ファッション性ばかりを意識して、吸汗性を無視したインナー選びをしていると、見かけはオシャレなのに汗臭いという、本末転倒なイメージの定着に繋がってしまう可能性すらあります。

特に、ワイシャツなどに肌着のラインが出ることを嫌って、裸にそのまま着るようなことをしていると、そこには吸汗のきゅの字もないといった状態になりますから、少し汗をかいた時点でもうアウトです。

何も高い肌着を選ばずとも、吸汗性に優れた肌着はいくらでもありますから、見た目ばかりではなく、汗をかいてもがっちりガードできる服装を心がけるのが良いでしょう。

私はわきのにおいのほかにも臭いところがあります。

私は、わきのにおいのほかにも臭いところがあります。それは、足の裏のにおいです。特にいろいろとにおいがひどくて最近はあまりいい気持ではなくて困っています。http://www.identity-world.com/

なかなか思い通りになることが少なくてストレスが溜まっているせいもあると思います。それに、言いたいことが言えなくてその気持ちがもどかしくてストレスになってしまってそれがにおいに出てしまっているのだと思っています。なかなかにおいは昔から治らなくて、すごく困っているのですがどうしてもつらい時には私はしっかりといろいろなことを考えるように心がけています。

しかしながら最近はやっぱりにおいのほうが気になってしまっているのでしっかりとケアをしています。最近心がけているケアは、お風呂にしっかりと入ってそのあとににおいのするところを重点的にマッサージをしています。

そうすることによってマッサージすることで必ず気持ちよさがあるのでいいなと思っています。これからもいろいろと頑張ってやっていこうと思っています。もう少しだけ時間があったらもう少し自分の体をいたわってあげられるのになと思っています。なかなか難しいですが最近はいろいろと感じることが多いのでストレスが多いから大変です。