「育毛」カテゴリーアーカイブ

富士額の前髪作りのお悩み

富士額とは、前髪の生え際がM字になっていることです。

ベルタヘアローションの効果と口コミ評価!最安値で購入できる通販は?

富士額で、よくあるお悩みが前髪の生え際の癖が強すぎて前髪が割れてしまうというものです。

また、前髪をおろすことを諦めて前髪を伸ばしても分け目のところで髪が浮いてしまったり、生え際に短い髪が生えていて目立ったりするのです。

私自身も富士額なのですが、毎日前髪作りに奮闘しています。

富士額の前髪作りのポイントは、2つです。

1つ目は、前髪を少し濡らしドライヤーで前髪を流したい方に思いっきりあてることです。

分け目をいかに無視することがポイントです。

この方法は、お風呂上がりにドライヤーで髪を乾かす時にも必ず行います。

髪を乾かさなかったり、乾かすまでに時間を空けてしまうと朝セットしてもなかなか上手くいきません。

2つ目は、ヘアアイロンをおでこの皮膚にあてないように、前髪の根元から内側にくるんと巻くことです。

巻き終わったらヘアオイルやヘアワックスを使ってしっかり固めてしまうことがポイントです。

まとめ

富士額の前髪作りは、朝からドライヤーやヘアアイロン、ヘアワックスを駆使してとても大変なものです。

それでも、憧れる綺麗におりた前髪を作るために、日々工夫しながらセットをしています。

良い方法を見つけたら、どんどん試していきたいと思います。

痛んでいる髪の毛の悩みについて

カラーやパーマを繰り返しているので、髪の毛がとても痛んでいます。カラーをしてもすぐに色が落ちてしまいますし、サロンでトリートメントをしても1週間もたてばパサパサに戻ります。

若い頃はそれでもまだ良かったのですが、年齢を重ねると痛んだ髪の毛は老けて見えるもとですね。最近は改善するために努力をするようになりました。

まずカラーはなるべくリタッチのみ、パーマは卒業しました。やはり痛むようなことをしないのは大切だと思ったのです。もちろんそれでもまだまだパサパサです。

そして家でトリートメントを始めました。ベルタヘアローション
シャンプーなどをすませたあと、洗い流すタイプのスペシャルトリートメントを髪の毛に塗り込む、という方法です。

市販のものなのでサロンには劣りますが、週に2回程度行うものを毎日行っています。

数分間放置するものなので、その間は髪の毛に丁寧に塗り込むようにしています。

自宅トリートメントを始めて半年ほどたちますが、最近美容師さんに「痛みが改善してきた」と言われるようになってきました。ようやく、といった感じです。

まだ綺麗な方に比べると痛みはひどいほうだと思うので、これ以上痛まないように、少しずつ髪の毛を修復していきたいと思ってます。