気持ちのプラスとマイナス

一日の始まりから、終わりまでの時間の流れが早く感じられたり、反対に遅く感じられたりする場合があると思います。時間の流れは同じままでも、何かに意識を集中させている状態では余分な事も頭に入って来ないので、あっという間に時間が過ぎていたりします。

また、楽しい事をしている間も時間の流れが早く感じられます。楽しい時間が早く終わってしまう寂しさから、楽しい時間がもっと長く続けば良いなと思いますが、次の機会が来るのを心の中で待っていた分だけ喜びも増えるはずです。

効果なしで痩せない?ゼロキャロの悪評や悪い評価の口コミを徹底検証!

反対に苦手な事や嫌な事をしている場合は、時間の流れも遅く感じてしまいます。

それには少なからず、気持ちの面も影響していると思います。マイナス方向に気持ちが傾いてしまって、苦手な事や嫌な事に対して抵抗が強くなっているかも知れないので、気持ちをプラスの方向に向けられるようにします。

今はまだ苦手で嫌な事でも、そこから学んだ貴重な経験が自身を大きく成長させるきっかけに繋がると信じて、諦めずに前を向きます。そうして、何度も向かい合っている内に段々と慣れていって、気が付いた時には抵抗を感じない程に落ち着いた気持ちで向き合えるようになります。短く感じる時間も長く感じる時間も含めて、一日一日を明るい気持ちで過ごす事が大切だと思います。