疲れ顔にさよなら!クマの原因と対処法とは?

クマがあるだけで一気に疲れ顔や老け顔に見えてしまう、でもメイクで隠すのも難しい・・・。
厄介なクマを撃退する方法、知りたいですよね!

シロジャムを3か月使った効き目!

まぶたは、汗腺や皮脂腺が少なく、角層が薄いため乾燥しやすいうえに、まばたきなどでよく動くため、しわやたるみもできやすい場所です。さらにメラノサイトの活動が盛んなため、色素沈着もしやすい場所でもあるのです。そのためクマに悩まされる人が多いのですね。

クマには青クマ(血行不良)、黒クマ(たるみ)、茶クマ(色素沈着)の3種類あります。
まずは、青クマ。目尻を横に引っ張ると薄くなる、日によって濃さが違うクマが青クマです。血行不良により滞った血流が、薄い目の下の皮膚を通して青黒く見えるものです。目の疲れや冷え、寝不足も原因になります。
青クマの対処法は、なんといっても『血行促進』。マッサージやツボ押し、ホットアイマスクなどが効果的です。目を酷使しすぎず、睡眠をしっかりとることも大切ですよ。

次に、黒クマです。黒クマの見分け方は、上を向くと薄くなるもの。まぶたのハリや弾力が低下し、目の下に凸凹ができるのが主な原因で、むくみが加わるとさらに目立ってしまいます。また、眼輪筋の衰えも黒クマの原因になります。
黒クマには、目を上下左右に動かす『眼輪筋トレーニング』が有効です。ハリ、弾力の低下を抑制するためコラーゲン生成を促すケアや、むくみ対策も重要になります。むくみ対策には、塩分や冷たい飲み物を控えるのが効果的です。

最後に、茶クマ。他の2つと違って、ひっぱっても、上を向いても薄くならないものが茶クマです。茶クマの原因は、シミが集まって茶色く見えたり、目をこすることで起こる色素沈着などです。
茶クマはメラニンによって茶色く見えるので、大切なのは『美白ケア』です。アイメイクを落とす時はこすらず優しく、目元のUVケアも必須です。ビタミンC誘導体などの美白有効成分が効果的です。
自分のクマの種類を見分けて、自分に合った対策で素早く効果的に改善しましょう!