乾燥肌と油分と精神のバランス

小さい頃から色が白く、キレイな肌をしていました。メリフバームクレンズを徹底評価!本音の口コミと使用してみた効果をこっそりご報告!

しかし、食生活やストレス、思春期などにはすぐお肌トラブルが起きました。

また、高校生になった頃からと思いますが、季節の変わり目にもお肌の質が変わっていくのがわかるようななりました。

しょっちゅう悩まされていたのが、ニキビと乾燥です。化粧品は無添加のものを今でもずーっと使っていますが、季節の変わり目には、少し油分を多くするとすぐにニキビが出てしまい、返って秋冬の乾燥する時期に油分を夏と同じ量を使用していると、今度は皮膚がカサカサし、粉を吹くほど乾燥してしまいます。

毎年この繰り返しでしたが、ある程度年齢を重ねてきて、これくらいの油分がちょうど良い、という適量がだんだんわかるようになりました。

また、油分をつけすぎたなと思う時もありますが、取り返しは簡単につくことはわかっているので、一喜一憂せずに、毎日お肌をケアするように心がけています。

しかし数年前、あるとき突然、皮膚炎になったかのような赤いブツブツが顔全体に広がりました。急いで皮膚科にかかりましたが、処方薬を塗ってもほとんど治らず、外に出るのも嫌になる程落ち込むことほぼ一年。

その頃、かなりストレスのかかる仕事にかかっており、それがなくなると、何事もなかったように肌は元通りになりました。

皮膚だけでなく、メンタルも多大にケアしなければお肌の健康は手に入れられないと痛感した出来事でした。