長年の悩み「ワキ汗」から卒業を決断

暑い季節になると、どうしても汗をかいて嫌な臭いがしてしまいがちなもの。衣服に染み付いた汗の臭いは、ムンムン蒸れている時も不愉快極まりないですし、乾いた後もまた最悪の臭気を発することになります。

とはいえ、夏場に汗をかくなといってもそれは不可能というものです。重要なのは、汗をかかないことではなく、汗をかいても問題のない服装を心がけることです。特に重要なのは、質の良い肌着を選ぶことです。

プルーストクリーム

結局、汗の臭いが服を通して周りに放たれてしまうというのは、着ている服が汗を吸い取るのが下手だということに理由があります。ファッション性ばかりを意識して、吸汗性を無視したインナー選びをしていると、見かけはオシャレなのに汗臭いという、本末転倒なイメージの定着に繋がってしまう可能性すらあります。

特に、ワイシャツなどに肌着のラインが出ることを嫌って、裸にそのまま着るようなことをしていると、そこには吸汗のきゅの字もないといった状態になりますから、少し汗をかいた時点でもうアウトです。

何も高い肌着を選ばずとも、吸汗性に優れた肌着はいくらでもありますから、見た目ばかりではなく、汗をかいてもがっちりガードできる服装を心がけるのが良いでしょう。