大きくても良いことはない

胸は大きい方が良い。大きい方が需要がある。
大きい人に小さい人の気持ちは分からない。
あれ、また胸大きくなった? 何したらそんなに大きくなるの?

モテアンジュは効果なし?購入して飲んだ私の口コミ・評価を大暴露!

と、たまに言われます。身長のわりに大きく、目線がどうしてもそちらに寄られてしまう。
「大きいが故に失礼な発言を良くされる」。それが、私のバストの悩みです。

言った側には特に意味はない言葉でも、何度も同じ言葉を言われたり、嫌だとハッキリ言葉にしても伝わらないことが非常に多く、上記の言葉を言われてからは自分の好きな服を着ることはあまりなくなりました。胸が目立たないよう一枚カーディガンを羽織り、夏でも脱ぐことはほとんどありません。

同性のみならず異性からも「胸のサイズどのくらいなの?」と聞かれることがあり、「セクハラですよ」と返すことも何度かありました。私にとって胸が大きいということは性的にいじられやすく、不名誉なあだ名をつけられることもあり、良いことはありません。

もちろん、自身で小さいと言われる・思っている人にとって、私の発言は非常に腹立たしいものに感じるものであることも知っています。その人たちも、胸の小さいことをいじられ、嫌な思いをしたことだって一度や二度ではないでしょう。それでもやはり、私は声を大にして言いたいです。

大きいからって良いことは何もない。すべてにおいて、標準が一番である。と。