大きければ良いってものじゃない!

豊かなバストは女性らしさの象徴。

ほんとにそうなんでしょうか。

ルーナブラは育乳効果なし?

そこそこ大きいバストで問題になるのは、

①ブラのサイズがない

②服のサイズ選びに困る

③垂れてきてしまう

などなど、結構あります。

まず①の、「ブラのサイズがない」については、通販なんかで頑張って探すと、ないこともないのですが、かわいい&安価なものは皆無と言ってもよく、在庫切れにも注意が必要です。

下着売り場のセールでも、標準的なサイズのものしかないので、どうしても少ない数のあまりかわいくないデザインのものを着まわす結果になってしまいます。

②の「服のサイズ選びに困る」は、肩幅や腕の長さに合わせると胸まわりが窮屈で、でもバストに合わせるとサイズが大きすぎてしまうという現象です。あまりに胸回りがキツキツだと困るので、必然的に大きめサイズを選ぶことになります。これまたおしゃれに見えないんです。

おしゃれなファッションって、胸が強調されないのが必須条件って感じで、どんどんそこから遠ざかっていきます。

③の「垂れてきてしまう」は言うまでもありませんね。

なんだかんだいいつつ、それでもやっぱりないよりはあった方がいいと思うので、これらのマイナス面を補ってあまりあるプラス面があると信じたいです。